安くても美味しいお米

高級品だけじゃない!安い価格で買える美味しいお米をご紹介

今ではパンや麺の料理が頻繁に食べられるようになりましたが、やはり日本人の食生活にお米は欠かせないもの。そして、毎日のように食べるものだからこそ、できるだけ美味しいお米を買いたいと思う人は多いはず。ここでは、お手頃な価格で手に入る美味しいお米を紹介します。まず、それぞれのお米の美味しさを定める基準に、食味官能試験を通して付けられる食味ランキングがあり、その最上級のグレードが「特A」になります。特Aの評価をされたお米は新潟県魚沼産のコシヒカリなど高級なものもありますが、秋田県産のあきこまちや山形県産のはえぬきは10キロ2千~3千円代で売られています。それよりも一つ下の等級は「A」になりますが、基準米よりも十分に味が良く幅広い銘柄が更に安い値段で売られています。その中でも北海道産のきらら397は甘みや粘りに癖がなく、どの人も美味しく感じられるような味わいが特徴です。このように見てみると、様々な高品質のお米を手軽に買えることがわかりますね。お米好きの方はお好みのブランド米を探してみましょう。

安いお米を美味しく食べるコツは

食費を節約するにあたっての強い味方になってくれる存在が、スーパーマーケットやディスカウントストアの店頭で、激安価格で販売されているお米です。複数の産地や銘柄の原料がブレンドされていたり、収穫から日数が経過していたりするために安い価格がつけられているお米も、工夫次第で美味しく食べることができます。美味しいご飯を炊くためには、炊飯前のお米を水に浸して、適度に吸水させておくことが欠かせません。通常の水加減をした後に、少量の日本酒やみりんを加えて炊飯するのも良い方法です。艶と甘みが増して、ワンランク上の味わいを楽しむことができます。パサつきが気になる場合には、サラダ油や蜂蜜を加えて炊飯するのも効果的です。パラパラとした食感に仕上げたほうが美味しい、チャーハンやピラフなどのメニューに調理するのも賢い方法です。

安くても美味しいお米

日本では主食としてお米が食べられていますが、お米の種類は数百にもなります。というのも最近では地域で栽培されたお米をブランド米にして販売する手法が多くなっています。このようなブランド米は付加価値が付いているため、値段がブランド米化されていないお米よりも高いことが多いです。ですが、ブランド米とそうではないお米で美味しさが格段に異なるとは一概には言えません。また、ブランド名がないお米の中にも美味しいお米はたくさん存在します。では美味しくて安いお米をどのように探せばよいのでしょうか。そもそも、お米が美味しくなるための条件にはいくつかのものがあります。代表的なものとしては湿地帯ではない平野であること、水が綺麗であることです。このような条件を満たす地域で栽培されたお米は通常美味しく育ちます。そのため、安いお米でもこれらの地域で育てられていれば、名前がなくても非常に美味しいお米だと言えます。