炊飯器で美味しいご飯

生活に合った炊飯器で美味しいご飯を

最近は炊飯器もいろいろな種類が出て、美味しくお米を炊いて保温できるようになりました。炊飯器には、昔ながらの釜の底の電熱線ヒータが過熱するマイコン式、電熱波で釜を加熱するIH式、圧力鍋の働きを加えたIH圧力式などがあります。IHタイプは強い火力が全体的に加わるのが特徴で、お米を全体的にムラなく炊き上げられます。IH圧力式は炊く時間を短縮できてお米の旨みを引き出せるタイプです。マイコンタイプはガスコンロで米を炊く方法と同じなので、お米の量が多いと炊きムラが出ます。マイコン式は少量なら炊きムラも気になりませんし、炊飯器の値段もIH式よりは安いので1人暮らしの人向きです。釜の種類も土鍋素材のものだと高価ですが、その分、美味しいご飯が炊きあがると評判です。スチーム保温でご飯の乾燥を防ぐ機能を持つ商品もあります。炊飯器を買う時は、大きさや手入れの簡単さも含め、どんな炊き方のご飯が好みか、炊き方と保温機能のどちらに重点を置くかなど比較して自分好みの美味しいご飯が炊ける商品を選びましょう。

ものすごい手間をかけて炊飯器でも超美味しいご飯が炊ける!

美味しいご飯を炊くには土鍋や圧力鍋などを使用して米を炊くのが一番だとお考えの方は多いと思います。しかし、米粒に対してこだわりを持つことで炊飯器でもとても美味しいご飯が炊けます。それは、炊く前に黒いおぼんの上に米粒を広げて白く濁っていたり、大きすぎたり小さすぎる粒をピンセットで取り除いて、色、大きさを統一させて炊くという方法です。とある料理マンガで紹介されていた方法ですが、この方法でご飯を炊く際のムラがなくなり、非常になめらかな食感になります。精米過程でどうしても白く濁った「着色粒」や「未熟粒」、砕けてしまった米粒の破片はごくわずかですが混入してしまいます。これらの粒を手作業で取り除くことはとても手間暇がかかりますが、炊きムラが生じることはなくなり、炊飯器でも美味しいご飯を炊くことができます。

炊いた米のしっとり感やモチモチ感を増すための簡単な方法

値段の高くない炊飯器でも、米を炊くときにいろいろなものを足すことで簡単に美味しいご飯にすることができます。炊飯器で炊いた米をパサパサした感じにしないためには、もち米を入れるといいです。もち米をいっしょに入れて炊くとモチモチ感が増して美味しいご飯になります。もち米を入れて炊くときには、やわらかいと感じないようにするために水を若干少なめにして炊飯器で炊くといいです。大根おろしを絞った汁を入れると大根が持っている酵素の作用でご飯にしっとり感がでます。大根の汁を炊飯器の米に足すことで、消化を促進したり、血液をきれいにする効果もあります。より美味しいご飯にするためには、ふんわり感を出すことが肝心です。にがりを入れるとふんわり感が増し、にがりのミネラル成分の作用でご飯がまろやかになり美味しく炊きあがります。