美味しく頂くコツ

お米を美味しくいただく簡単なコツ

お米。日本人にとって基本ともいうべき食材です。今の季節、郊外へ足を延ばせば広々とした田んぼで青々と育つ稲を眺めることができます。こういう景色を見ると「日本人でよかった」と思うのです。ただ、暑くなる季節、気を付けなければならないのはお米の管理。お米も野菜の仲間なので、精米後時間がたつと鮮度が落ちていきます。お米って実は暑さに弱いので、精米されたお米は、密閉容器に入れて冷蔵庫での管理がベストです。常温でも保存できますが、虫よけの管理をした上でなるべく早めに食べるのが一番なのです。でも、ついパスタや麺類を食べちゃって、うっかりお米が古くなったことがないでしょうか。では、そのお米を美味しくするにはどうしたらよいか。まず、粉寒天を用意します。これをお米1合あたり2g入れて混ぜます。そして通常と同じ水量で炊く。こんな簡単な方法でふっくら美味しいごはんになるのです。他にも日本酒やみりん、氷を入れるなど様々な方法があります。色々試して、自分に一番合う「美味しいごはん」を見つけてみましょう。

美味しく炊くために必要な水の選び方や量り方

米を簡単に美味しい状態にするためには、水にこだわることが大切です。米の産地にこだわるだけではなく、クオリティーの高い水を使うようにすることで、より味わいのある美味しいごはんが炊けるようになります。例えば、釜に水を加えるときには、備長炭を炊飯器の中に入れて炊くと簡単に水がきれいになり美味しく炊けます。また、軟水や硬水にすることでも味が微妙に変わってくるのでミネラルウォーターなどで米を炊く場合は、食べ比べてみるといいです。水道水を利用して炊く場合は、しっかり沸騰してしばらく置いて冷ました状態のものを使うと美味しいご飯になります。水を入れすぎると柔らかくなりすぎるし、水が少なすぎると硬くなってしまいます。そのため、正確な水の量にすることが美味しく炊くためには重要で、米の中に水を入れるようにすると余分な水を米が吸わなくてすみます。

美味しく炊くために必要な水の選び方や量り方

米を簡単に美味しい状態にするためには、水にこだわることが大切です。米の産地にこだわるだけではなく、クオリティーの高い水を使うようにすることで、より味わいのある美味しいごはんが炊けるようになります。例えば、釜に水を加えるときには、備長炭を炊飯器の中に入れて炊くと簡単に水がきれいになり美味しく炊けます。また、軟水や硬水にすることでも味が微妙に変わってくるのでミネラルウォーターなどで米を炊く場合は、食べ比べてみるといいです。水道水を利用して炊く場合は、しっかり沸騰してしばらく置いて冷ました状態のものを使うと美味しいご飯になります。水を入れすぎると柔らかくなりすぎるし、水が少なすぎると硬くなってしまいます。そのため、正確な水の量にすることが美味しく炊くためには重要で、米の中に水を入れるようにすると余分な水を米が吸わなくてすみます。