美味しいブランド米

お好みのブランド米を見つけてみませんか

日本の美味しいお米にはいろいろなブランドがあります。コシヒカリやあきたこまち、ひとめぼれなどの銘柄は誰でも一度は聞いたことがあるかもしれません。ブランド米にはそれぞれ炊き上がり時の特徴や食感に多少の違いがあります。お米そのものの粘りや甘さの加減でお料理によって使い分けたりすることも可能です。お寿司向きのブランド米や、おにぎり向きのブランド米など日本のブランド米にはいろいろなお米が揃っています。ご家庭でいろいろなブランド米を使用してみて、自分好みの食感や甘さのお米を見つけてみるのもおすすめです。お気に入りの2種類のブランド米を常備して、メニューによって使い分けてみることもできます。家族が好むブランド米は炊飯器で炊いて、自分好みのお米はお鍋で炊くという方法もおすすめです。自分好みの炊き立てのご飯があるだけで、食事の時間がとても楽しく感じられます。

美味しい米にはこのブランドが入っていた!

日本の米、人気ナンバーワンブランドはコシヒカリです。コシヒカリはデンプンを構成するアミロースとアミロペクチンのバランスがよいことで、美味しい米になっています。夏場に育つ稲では、昼間の光合成によりデンプンがたっぷりと作られます。しかし、夜の気温が高いと蓄えられたデンプンは失われてしまいます。夜になっても気温の低い地域では、デンプンが失われずに蓄積されたままになりますので、美味しい米として育つことができます。コシヒカリはそのような地域で育ったブランドです。またこのコシヒカリは、さまざまな品種と交配することで他の人気ブランドの母体になっていますので、日本の人気ブランドのほとんどにコシヒカリが入っています。しかし、コシヒカリが入ることが必ずしもおいしい米になるとは限りません。その土地の気候や風土に合っているかどうかも美味しい米になるためには大切となります。

美味しいご飯を作るには

ササニシキやコシヒカリなどのブランドのお米の人気ぶりが、たびたびのように話題を呼んでいます。日本を代表するブランドでもあり、世界中の人からも美味しいという高評価を得ているお米であることは間違いありません。日本の古き良き伝統が受け継がれていることの象徴的存在ともいえるブランド米ですが、その作り方によっても美味しさがグンと増しますので、覚えておくと良いでしょう。美味しいご飯を作るには、お米の洗い方から学ぶことが重要です。たっぷりと水をはったボウルなどにお米を入れて素早く洗うことが重要です。時間をかけてしまうと臭いが米についてしまうからご注意ください。洗い終わってもすぐに炊くのではなく、しばらく水に浸けます。食べる人の好みにもよりますが、新米なら水は少なめ古米なら多めにすると美味しいご飯ができあがります。