美味しいブランド米

お好みのブランド米を見つけてみませんか

日本の美味しいお米にはいろいろなブランドがあります。コシヒカリやあきたこまち、ひとめぼれなどの銘柄は誰でも一度は聞いたことがあるかもしれません。ブランド米にはそれぞれ炊き上がり時の特徴や食感に多少の違いがあります。お米そのものの粘りや甘さの加減でお料理によって使い分けたりすることも可能です。お寿司向きのブランド米や、おにぎり向きのブランド米など日本のブランド米にはいろいろなお米が揃っています。ご家庭でいろいろなブランド米を使用してみて、自分好みの食感や甘さのお米を見つけてみるのもおすすめです。お気に入りの2種類のブランド米を常備して、メニューによって使い分けてみることもできます。家族が好むブランド米は炊飯器で炊いて、自分好みのお米はお鍋で炊くという方法もおすすめです。自分好みの炊き立てのご飯があるだけで、食事の時間がとても楽しく感じられます。

美味しい米にはこのブランドが入っていた!

日本の米、人気ナンバーワンブランドはコシヒカリです。コシヒカリはデンプンを構成するアミロースとアミロペクチンのバランスがよいことで、美味しい米になっています。夏場に育つ稲では、昼間の光合成によりデンプンがたっぷりと作られます。しかし、夜の気温が高いと蓄えられたデンプンは失われてしまいます。夜になっても気温の低い地域では、デンプンが失われずに蓄積されたままになりますので、美味しい米として育つことができます。コシヒカリはそのような地域で育ったブランドです。またこのコシヒカリは、さまざまな品種と交配することで他の人気ブランドの母体になっていますので、日本の人気ブランドのほとんどにコシヒカリが入っています。しかし、コシヒカリが入ることが必ずしもおいしい米になるとは限りません。その土地の気候や風土に合っているかどうかも美味しい米になるためには大切となります。

美味しいご飯を作るには

ササニシキやコシヒカリなどのブランドのお米の人気ぶりが、たびたびのように話題を呼んでいます。日本を代表するブランドでもあり、世界中の人からも美味しいという高評価を得ているお米であることは間違いありません。日本の古き良き伝統が受け継がれていることの象徴的存在ともいえるブランド米ですが、その作り方によっても美味しさがグンと増しますので、覚えておくと良いでしょう。美味しいご飯を作るには、お米の洗い方から学ぶことが重要です。たっぷりと水をはったボウルなどにお米を入れて素早く洗うことが重要です。時間をかけてしまうと臭いが米についてしまうからご注意ください。洗い終わってもすぐに炊くのではなく、しばらく水に浸けます。食べる人の好みにもよりますが、新米なら水は少なめ古米なら多めにすると美味しいご飯ができあがります。

安くても美味しいお米

高級品だけじゃない!安い価格で買える美味しいお米をご紹介

今ではパンや麺の料理が頻繁に食べられるようになりましたが、やはり日本人の食生活にお米は欠かせないもの。そして、毎日のように食べるものだからこそ、できるだけ美味しいお米を買いたいと思う人は多いはず。ここでは、お手頃な価格で手に入る美味しいお米を紹介します。まず、それぞれのお米の美味しさを定める基準に、食味官能試験を通して付けられる食味ランキングがあり、その最上級のグレードが「特A」になります。特Aの評価をされたお米は新潟県魚沼産のコシヒカリなど高級なものもありますが、秋田県産のあきこまちや山形県産のはえぬきは10キロ2千~3千円代で売られています。それよりも一つ下の等級は「A」になりますが、基準米よりも十分に味が良く幅広い銘柄が更に安い値段で売られています。その中でも北海道産のきらら397は甘みや粘りに癖がなく、どの人も美味しく感じられるような味わいが特徴です。このように見てみると、様々な高品質のお米を手軽に買えることがわかりますね。お米好きの方はお好みのブランド米を探してみましょう。

安いお米を美味しく食べるコツは

食費を節約するにあたっての強い味方になってくれる存在が、スーパーマーケットやディスカウントストアの店頭で、激安価格で販売されているお米です。複数の産地や銘柄の原料がブレンドされていたり、収穫から日数が経過していたりするために安い価格がつけられているお米も、工夫次第で美味しく食べることができます。美味しいご飯を炊くためには、炊飯前のお米を水に浸して、適度に吸水させておくことが欠かせません。通常の水加減をした後に、少量の日本酒やみりんを加えて炊飯するのも良い方法です。艶と甘みが増して、ワンランク上の味わいを楽しむことができます。パサつきが気になる場合には、サラダ油や蜂蜜を加えて炊飯するのも効果的です。パラパラとした食感に仕上げたほうが美味しい、チャーハンやピラフなどのメニューに調理するのも賢い方法です。

安くても美味しいお米

日本では主食としてお米が食べられていますが、お米の種類は数百にもなります。というのも最近では地域で栽培されたお米をブランド米にして販売する手法が多くなっています。このようなブランド米は付加価値が付いているため、値段がブランド米化されていないお米よりも高いことが多いです。ですが、ブランド米とそうではないお米で美味しさが格段に異なるとは一概には言えません。また、ブランド名がないお米の中にも美味しいお米はたくさん存在します。では美味しくて安いお米をどのように探せばよいのでしょうか。そもそも、お米が美味しくなるための条件にはいくつかのものがあります。代表的なものとしては湿地帯ではない平野であること、水が綺麗であることです。このような条件を満たす地域で栽培されたお米は通常美味しく育ちます。そのため、安いお米でもこれらの地域で育てられていれば、名前がなくても非常に美味しいお米だと言えます。

美味しく頂くコツ

お米を美味しくいただく簡単なコツ

お米。日本人にとって基本ともいうべき食材です。今の季節、郊外へ足を延ばせば広々とした田んぼで青々と育つ稲を眺めることができます。こういう景色を見ると「日本人でよかった」と思うのです。ただ、暑くなる季節、気を付けなければならないのはお米の管理。お米も野菜の仲間なので、精米後時間がたつと鮮度が落ちていきます。お米って実は暑さに弱いので、精米されたお米は、密閉容器に入れて冷蔵庫での管理がベストです。常温でも保存できますが、虫よけの管理をした上でなるべく早めに食べるのが一番なのです。でも、ついパスタや麺類を食べちゃって、うっかりお米が古くなったことがないでしょうか。では、そのお米を美味しくするにはどうしたらよいか。まず、粉寒天を用意します。これをお米1合あたり2g入れて混ぜます。そして通常と同じ水量で炊く。こんな簡単な方法でふっくら美味しいごはんになるのです。他にも日本酒やみりん、氷を入れるなど様々な方法があります。色々試して、自分に一番合う「美味しいごはん」を見つけてみましょう。

美味しく炊くために必要な水の選び方や量り方

米を簡単に美味しい状態にするためには、水にこだわることが大切です。米の産地にこだわるだけではなく、クオリティーの高い水を使うようにすることで、より味わいのある美味しいごはんが炊けるようになります。例えば、釜に水を加えるときには、備長炭を炊飯器の中に入れて炊くと簡単に水がきれいになり美味しく炊けます。また、軟水や硬水にすることでも味が微妙に変わってくるのでミネラルウォーターなどで米を炊く場合は、食べ比べてみるといいです。水道水を利用して炊く場合は、しっかり沸騰してしばらく置いて冷ました状態のものを使うと美味しいご飯になります。水を入れすぎると柔らかくなりすぎるし、水が少なすぎると硬くなってしまいます。そのため、正確な水の量にすることが美味しく炊くためには重要で、米の中に水を入れるようにすると余分な水を米が吸わなくてすみます。

美味しく炊くために必要な水の選び方や量り方

米を簡単に美味しい状態にするためには、水にこだわることが大切です。米の産地にこだわるだけではなく、クオリティーの高い水を使うようにすることで、より味わいのある美味しいごはんが炊けるようになります。例えば、釜に水を加えるときには、備長炭を炊飯器の中に入れて炊くと簡単に水がきれいになり美味しく炊けます。また、軟水や硬水にすることでも味が微妙に変わってくるのでミネラルウォーターなどで米を炊く場合は、食べ比べてみるといいです。水道水を利用して炊く場合は、しっかり沸騰してしばらく置いて冷ました状態のものを使うと美味しいご飯になります。水を入れすぎると柔らかくなりすぎるし、水が少なすぎると硬くなってしまいます。そのため、正確な水の量にすることが美味しく炊くためには重要で、米の中に水を入れるようにすると余分な水を米が吸わなくてすみます。

炊飯器で美味しいご飯

生活に合った炊飯器で美味しいご飯を

最近は炊飯器もいろいろな種類が出て、美味しくお米を炊いて保温できるようになりました。炊飯器には、昔ながらの釜の底の電熱線ヒータが過熱するマイコン式、電熱波で釜を加熱するIH式、圧力鍋の働きを加えたIH圧力式などがあります。IHタイプは強い火力が全体的に加わるのが特徴で、お米を全体的にムラなく炊き上げられます。IH圧力式は炊く時間を短縮できてお米の旨みを引き出せるタイプです。マイコンタイプはガスコンロで米を炊く方法と同じなので、お米の量が多いと炊きムラが出ます。マイコン式は少量なら炊きムラも気になりませんし、炊飯器の値段もIH式よりは安いので1人暮らしの人向きです。釜の種類も土鍋素材のものだと高価ですが、その分、美味しいご飯が炊きあがると評判です。スチーム保温でご飯の乾燥を防ぐ機能を持つ商品もあります。炊飯器を買う時は、大きさや手入れの簡単さも含め、どんな炊き方のご飯が好みか、炊き方と保温機能のどちらに重点を置くかなど比較して自分好みの美味しいご飯が炊ける商品を選びましょう。

ものすごい手間をかけて炊飯器でも超美味しいご飯が炊ける!

美味しいご飯を炊くには土鍋や圧力鍋などを使用して米を炊くのが一番だとお考えの方は多いと思います。しかし、米粒に対してこだわりを持つことで炊飯器でもとても美味しいご飯が炊けます。それは、炊く前に黒いおぼんの上に米粒を広げて白く濁っていたり、大きすぎたり小さすぎる粒をピンセットで取り除いて、色、大きさを統一させて炊くという方法です。とある料理マンガで紹介されていた方法ですが、この方法でご飯を炊く際のムラがなくなり、非常になめらかな食感になります。精米過程でどうしても白く濁った「着色粒」や「未熟粒」、砕けてしまった米粒の破片はごくわずかですが混入してしまいます。これらの粒を手作業で取り除くことはとても手間暇がかかりますが、炊きムラが生じることはなくなり、炊飯器でも美味しいご飯を炊くことができます。

炊いた米のしっとり感やモチモチ感を増すための簡単な方法

値段の高くない炊飯器でも、米を炊くときにいろいろなものを足すことで簡単に美味しいご飯にすることができます。炊飯器で炊いた米をパサパサした感じにしないためには、もち米を入れるといいです。もち米をいっしょに入れて炊くとモチモチ感が増して美味しいご飯になります。もち米を入れて炊くときには、やわらかいと感じないようにするために水を若干少なめにして炊飯器で炊くといいです。大根おろしを絞った汁を入れると大根が持っている酵素の作用でご飯にしっとり感がでます。大根の汁を炊飯器の米に足すことで、消化を促進したり、血液をきれいにする効果もあります。より美味しいご飯にするためには、ふんわり感を出すことが肝心です。にがりを入れるとふんわり感が増し、にがりのミネラル成分の作用でご飯がまろやかになり美味しく炊きあがります。